Triathlogue - トライアスローグ

札幌在住のホビートライアスリートによる日々のトレーニングの記録とあれこれ

Apple Watch を手放して、最終的にスマートウォッチは Garmin Foreathlete 945 一本で行くことにした

スポンサードリンク

 先日までは普段遣いに Apple Watch、トレーニングやレースのときは Garmin の GPS ウォッチと使い分けていたのだが、いろいろ考えた結果 Apple Watch を手放して、Garmin 一本でやっていくことにしたので、そのことについて書いていきたい。最近 Garmin がらみの記事が多いな…。

スマートウォッチをどれにしようか迷っているひとは多いと思うのだけど、ライフスタイルによって最適な選択肢は変わるものだなあ、と思った次第。

2本遣いでよかった点

まずなんで2本使いしていたのかってところから。

基本 Mac 信者だし、スマホも iPhone 3G からずっと iPhone。つまり Apple 製品大好きなわけです。それでも Apple Watch にはあまり食指が動かず、やっと手に入れたのが2019年に Series 5 がリリースされた時。

これを買うまではスマートウォッチを使うよりも、気に入った腕時計を気分やTPOに合わせて使い分けるのがいいじゃない、と思っていた。実際仕事のときは機械式腕時計をいくつか使い分けていたし、トレーニングやレースのときは Garmin のマルチスポーツ用 GPS ウォッチを、ゴルフのときには Garmin のゴルフ用の GPS ウォッチを使っていた。

やっぱり iPhone とのコンビは最強

Apple Watch はやっぱり Apple 信者としては使ってて iPhone と一緒に使うときの便利さもそれなりにあったし、ウォッチフェイスもスタイリッシュなものからいろんな情報が表示できるものまでいろんなものが選べるのもよかった。Apple Watch そのものへの不満は普段生活する上ではまったくなかったといっていいかもしれない。昨年 Series6 がリリースされたときには買ったばかりの 5 を下取りに出して買い替えたくらいわりと気に入ってはいたのだ。

2本遣いで不便な点

とはいえ、2本を使い分けているうちにいろいろと不便なところがあることに気がついてきた。

毎日充電しないといけない

Apple Watchはバッテリーの持ちがよろしくない。睡眠トラッキングもしているので、寝ているときもつけっぱなしだし、出かけるときもつけている。そもそもそのために買ってるし。そうすると、結構バッテリーを食うので、朝風呂に入っているときに毎日充電しないとバッテリーが持たない。

Garmin だとエクササイズをしなければ2週間くらいは持つんじゃないかってくらいバッテリーの持ちがいいし、GPS 使ってもバッテリーを使い切る前に週に一度くらいは地図のアップデートだのなんだのでPCにつなぐのでそこで充電してしまうのであまりバッテリー残量を気にすることがない。

エクササイズの記録の精度がよろしくない!

たまに自宅に Garmin を忘れてジムについてしまう、ということが発生したのだが、その場合でも Apple Watch で「ワークアウト」アプリを使うことでスイムの記録を残したり、トレッドミルでのランの記録を残すことも可能だ。

f:id:jwatanabe:20210203161710p:plain

しかし、スイム時に Apple Watch を使ってみると、200m泳いだところで175mしかカウントされてないとかが頻発してしまい、ぜんぜんあてにならない。Garmin ではそういうことは今まで一切ないので、むしろ自分で本数をカウントせずに Garmin に頼りっきりにしているくらいだ。

ちなみに、トレッドミルの場合は Wahoo の心拍計を使って ZWIFT ランにするので、Apple Watchの出番はないのである。

triathlogue.jp

データの一元管理ができない!

そして、これが一番我慢ならなかったのだが、Apple Watchでスイムの(ちょっといいかげんな)データを取得したら、そのデータはiPhoneの「ヘルスケア」アプリに記録される。ところが、このデータをGarmin のデータ管理環境の Garmin Connect に持ってくることができないのだ。iPhoneのヘルスケアからGarmin Connectに持ってこれるデータはたしかにいくつかあるが、Withings の体重計で測った体重などは持ってこれるのだけど、エクササイズのデータはどうやっても持ってこれない。

基本 Garmin Connect で記録をとっている身としては、ところどころ Garmin を忘れた日のデータが歯抜けになってしまうのは我慢ならない。実に我慢ならない。そもそもGarmin忘れなきゃいいじゃん、って話なのだが、いやほら、にんげんだもの。

にんげんだもの

にんげんだもの

  • 作者:相田 みつを
  • 発売日: 1984/04/06
  • メディア: ハードカバー
 

もう一本でいいじゃん

で、そんなことを繰り返しているうちに、普段は Apple Watch、エクササイズ時は Garmin と使い分けることにちょっと面倒くささを感じはじめてしまった。 そしてふと思ったのが、

「もう一本にしてしまったほうがいいんじゃないか?」

ということだ。

よく考えてみれば、Garmin Foreathlete 945 だってスマートウォッチだ。

エクササイズの記録を取るだけではなく、日常的に心拍数を計測することもできるし、睡眠トラッキングもできる。2021年4月末に予定されているアップデートではSpO2(酸素飽和度)の計測もできるようになる。

triathlogue.jp

ってことはさ、Apple Watchでできることで、Garminでできないことはあまりない。

そもそもApple Watchで通知を受けるとか、Suicaを使うとかもしていなかったので、私の使いたであれば Garmin があれば事足りるのだということについに気づいてしまったので、Apple Watchはすぱっと手放して、それ以来ずっと Garmin のみで生活している。

使い分ける煩わしさもなく、バッテリーの持ちを気にすることもなく、必要なデータはすべてGarmin Connectで一元管理できて見やすいし、ライフログ的なデータも Garmin Connectに統合できたので新たな発見もあったりするし、いまのところいいこと尽くめ。強いて言えばクイックリリースキットもついててちょっと大きいので、寝るときにたまに邪魔かな?と思うくらい。

つまるところ、ライフスタイルによっては Apple Watch でいい人もいれば、そうじゃない人もいる。私はそうじゃなかったよねってお話でした。Garmin いいよ Garmin。いま買うなら Enduro 超おすすめです。

 

triathlogue.jp