Triathlogue - トライアスローグ

札幌在住のホビートライアスリートによる日々のトレーニングの記録とトライアスロンについてのあれこれを書くブログ

ついに TREK Madone 2022 の購入を決意したので自転車屋さんに相談しに行ってきた

スポンサードリンク

自転車の買い替えを検討しはじめたので、記録も兼ねて最初からの顛末を書いていこうと思う。ご案内の通り、コロナ禍に突入してから世界的に自転車の品薄状態が続いているので納車まではけっこう時間がかかるのではないかと思うが、気長にやっていきたい。

そろそろ自転車を買い換えようかな

今のバイクもけっこうお気に入りではある

現在乗っているロードバイクは2013年に購入した Eddy Merckx の EMX-1 というモデルだ。

www.cyclowired.jp

Eddy Merckx は、かつてツール・ド・フランスなどで活躍したエディ・メルクスによって1980年に設立されたベルギーの自転車メーカーで、マイナーながらも評価は高いらしい。

fukaya-nagoya.co.jp

私がこのバイクを購入したのは、たまたま自転車屋さんに売れ残っていた2012年モデルのフレームに、これも型落ちの Dura-Ace のコンポを組み合わせてわりと安価で展示されていたものが私のサイズにぴったりだったので購入したもの。当時はまだトライアスロンなどという危険なモノに手を染めるなんて思っておらず、のんびり友人たちとツーリングできればいいなーくらいのノリだった。

2013年4月、納車直後にこばやし峠で撮影した写真が残っている。

f:id:jwatanabe:20210906115022j:plain

ね、のんびりサイクリング仕様でしょ?

ここからホイールを変え、DHバーを装着し、ドリンクホルダーをサドルの後ろに持っていき、などなどいろいろと手を加えて、いくつものトライアスロン大会にこのバイクで参加してきた。

f:id:jwatanabe:20210906120018j:plain

初めてアイアンマン70.3セントレア知多半島に参加したとき、車検で「うわー、Eddy Merckxでトライアスロンに出る人はじめてみたよ!」ってびっくりされたりもした。たしかに周りを見るとCeepoやCerveloが多かったし、そうじゃなくてもエアロロード率めっちゃ高いし。もちろん普通のロードバイクもいるんだけど、Eddy Merckxなんてめっちゃマイナーなメーカーだしね。

まだガタは来てないけれど、このままだと世の中に取り残されてしまいそう…

で、このバイクも8年が経過して来年春でまる9年。

気がつけば世の中はすっかり変わってしまって、Shimanoコンポも12速になり、ディスクブレーキが主流になりクイックリリースじゃなくてスルーアクスルだし、電動コンポも無線だ。ひるがえって私はといえば、まだ10速だしリムブレーキだし電動コンポですらない。すっかり時代に取り残されている感がある。

そして私は来年50歳を迎えるのだが、年齢的にもガチな機材にお金をかけるのであればこのあたりがラストチャンスではないかと思う。また10年近く乗るとして、50代後半に購入する機材はもうちょっとのんびりしたものになるんじゃないか(と、現時点では思っているだけで、その時が来たらまたガチな機材を!ってなってるかもしれないけれどw)。

なので、まだガタは来てないけれど、このタイミングで新車の購入に踏み切ることにした。

新車を買うぞ!

さーて、どんな自転車にしようかな

さて新車を買うぞ、と意気込んだはいいのだが、問題は「どんな自転車を買うか」である。

もちろんメインの目的はトライアスロンなので、選択肢としては

  • TTバイク
  • エアロロード

が候補になる。TTバイクにはたしかにいちど乗ってみたい機材だが、ロードと二台持ちができるのであればまだしも、保管場所にそんな余裕もないので一台で済ませることを考えて、残念ながら選択肢から外すことにした。

じゃあどこのエアロロード?

エアロロードはここ数年人気があがってきているらしく、様々なメーカーで作られている。その中でも個人的に以前から注目していたのは、

  • Cervelo S5
  • TREK Madone
  • Cannondale SystemSix

の3つだ。

どれもカッコいいし実績もあるメーカーなので、どれにするか実に迷うところ。

しかし、三社のサイトをうろうろとめぐりながら悩んでいるうちに、TREKのProject Oneのサイトをいろいろといじっていたらすっかりハマってしまった。

f:id:jwatanabe:20210906165316p:plain

www.trekbikes.com

Project OneはTREKの自転車を画面上でいろいろカスタマイズできるサイトだ。ただのシミュレーションだけではなく、選択した構成のバイクをそのまま販売店を通じて購入までできる。機器構成だけのみならず、塗装などもカスタマイズできるのでいじっているととても楽しい。そして楽しくいじっているとすっかり画面上の機材を買う気になってしまうという、とても危険性、そして中毒性の高いサイトだ。こんな危ないものを放置しておいてはいけないのでみんないじってみるといいんだぞ。

というわけでいつの間にか機材はTREKのMadoneに決定していた。

まずは自転車屋さんに相談だ!

買うと決まればまずは自転車屋さんに相談すべし。というわけで、ずっとお世話になっているサイクルショップおかべさんに相談に伺った。

www.okabe-cy.jp

店長の武田さんにこれまで書いたことをざっくり伝えてみると、まともにProject Oneで発注すると一年じゃきかないくらい待つことになるらしいので、フレームセットからいろいろ組み合わせたほうがいいのではと提案された。

こちらのほうが却ってホイールなどの選択肢がふえるなど自由度が上がるので、「んじゃそれで」と。もちろんProject Oneで塗装のシミュレーションをしたものもフレームセットだけでも発注できるらしいので、作ってあったものをお店のiPadで再現してこれで!とお願いしてきた。

他にもコンポーネントとかいろいろな仕様をあーだこーだと相談していったんまとめて見積もりをいただくことになったので、細かな仕様などについては次回以降に固めてから書いていこうと思う。

納車は果たしていつになるのかなー、とかそのへんも含めて随時レポートしていくのでお楽しみに!