Triathlogue - トライアスローグ

札幌在住のホビートライアスリートによる日々のトレーニングの記録とトライアスロンについてのあれこれを書くブログ

ロングライド時のバッテリー事情と、その対策ついてのまとめ

スポンサードリンク

先日自転車で遠征ロングライドした際に、途中であれこれバッテリーが切れるという大失態をやらかしたので、忘備録的にまとめておこうと思う。

サイクリストは電気がなくては生きていけない!

これはもう常識だが、現代のサイクリストは電気がなくては生きていけない。そしてついでに電波も無ければ生きていけないものになりつつある。なぜなら…

f:id:jwatanabe:20210726160624j:plain

自転車に乗るときに持ち歩くデバイスが多すぎる!

みなさんは自転車に乗るときに、どれくらいいわゆる「電気を使うデバイス」を持っていくだろうか。

私の場合は、

  • Garmin Foreathlete 945(自転車だけのときもサイコンとしてこれを使っている)
  • iPhone

の2つなのだが、「電気を使う」という厳密な定義をするならば、

  • 心拍計
  • スピード・ケイデンスセンサー

がある。

人によってはトランシーバー的な物があったりパワーメーターなどもあるし、Di2などの電動コンポを使っている人はそのバッテリーも気にしないといけない。このへんで気になっているものも最後にちょっと取り上げるつもり。

そしてどれもバッテリーが切れると困る!

やっかいなことに、先ほど挙げたものすべてが「バッテリーが切れてしまうとたいへん困る」のだ。

サイコンがないとせっかく走った記録が、データが、残らない!iPhoneがないと途中で小腹がすいたときにコンビニやレストランを探したりできないし、休憩中に暇つぶしでTwitterやLINEできないし、ソシャゲもできない。心拍計がないともっと自分が踏めるのかどうなのか判断できないし、ケイデンスセンサーが動いててくれないといま使っているギアが適切なのかわからない!(いや、これはこじつけだが)

なので、そういうことがないように対策をしっかりしておきたい。

先日実際に切らしたから!こまったから!

ロングライド時のバッテリー切れに必要な対策とは

まずは電源の確保

切れそうになったらこまめに充電できるよう、モバイルバッテリーを持ち歩きたい。

私がふだんから持ち歩いているのは、Anker のモバイルバッテリーだ。

 

Ankerのモバイルバッテリーはとても信頼性が高くて丈夫だ。リンクを張ったものは最近の製品だが、私が持っているのは2016年に購入したものだ。もう5年も経っているけれどまったく不具合なく普通に使えている。

最近だとこのへんがいいのかな?

 

モバイルバッテリーの中にはケーブルが内蔵されているものも多いがそういった製品は「ケーブルの寿命に縛られる」ので避けるべき。バッテリーとくらべて、ケーブルの寿命はびっくりするぐらい短いので、ケーブルが内蔵式で交換できないものはバッテリーが元気であってもケーブルが壊れて使えなくなってしまう、という悲しい出来事がおきるのだ。

信頼性のおけるケーブル

なので、信頼性の高いバッテリーを手に入れたら、次はケーブルだ。

しかしさっきも書いたとおり、ケーブルはモバイルバッテリーよりもはるかに寿命の短い消耗品だ。あっという間に使えなくなってしまうからといって安価で低品質なものでいいかというとそうでもない。iPhoneのケーブルなどはちゃんと認証を受けたものでないと充電すらできないし、OSのアップデートで使えなくなってしまうこともある。また、それ以外のデバイスでも充電時間に差が出てしまったりすることもあるのでしっかりとした物を選びたい。

というわけでケーブルも私はAnker一択にしている。

www.ankerjapan.com

なんでだろう、安心するのよね…。

ということで、使っている、あるいはもう中学生的にいうというところの「おすす*1」なケーブル類をいくつか。

私はiPhone使いなので、Lightningケーブルは必須。ので、

 

出先で充電するだけなので30cmで十分。

あと、Garminのケーブルもね!

 

お出かけ用に短いやつもあるとうれしいな、Garminさん!

あと、トランシーバー的なやつとか使ってる良い子はそれに対応したちゃんとした充電ケーブルを用意しようね!

遠征なら充電器もね

自宅発着ならともかく、遠征の場合もあるよね。

その場合は充電器ももちろん必要になる。仕事の出張用に持ち歩いているのは

 

なのだが、これだと USB-A ポートが一つしかないので、サブで

 

これも持っていて、USB-Aからの充電デバイスが多いときはこれを持っていくようにしている。 

俺たちのボタン電池「CR2032」

そして、めったにないことだが心拍計が途中で「あれ?息してなくない?」ってなることがある。ので、念の為CR2032も忍ばせておこう。重たいものでもないし、お守りだと思えばいい。

 

ロングライド時にあったらいいなってデバイス

BONX Grip Bluetooth トランシーバー

友達と走るときに、走りながら会話できたら楽しいのになと思ってて、以前ちょっとだけ人のを借りてみたらこれすごくよかったんだよね。

 

これもいま新しい製品がクライドファンディング中らしいので、これもちょっと気になるなあ。こないだけんたさんも紹介してた。

www.youtube.com

って、いくつか思いつくかなって思ったんだけど今んとここれくらいだった…。

なにか思いついたら追記しようっと。

*1:おすすめ