Triathlogue - トライアスローグ

札幌在住のホビートライアスリートによる日々のトレーニングの記録とトライアスロンについてのあれこれ

Garmin Foreathlete 945 を普段遣いのスマートウォッチとしてしばらく使ってみた

スポンサードリンク

Apple Watchを手放してひと月が経過したので、Garminを普段使いしてみてどうだったかについて買いておきたい。もうすぐ発売を控えているVenu2を購入予定なので、945を普段使いするのもあとちょっとだしね。

Garmin Foreathlete 945 を普段遣いした結果

以前こんな記事を書いた。

triathlogue.jp

それまではAppleWatchとGarminを使い分けていたのがちょっと煩わしいところがあったのでGarmin一本でいくことにした、というものだ。そんなわけで私の手首は毎日こんな感じ。 

f:id:jwatanabe:20210520175813j:plain

この生活になってしばらく経ったので、ここらでその感想をまとめておこうと思う。 

www.garmin.co.jp

よかったところ

まずはよかった点から。

データの管理をGarmin Connect に一本化できた

エクササイズのデータはGarmin、それ以外はiPhoneの「ヘルスケア」アプリに蓄積されていたのだが、常時Garminにすることで睡眠や心拍数、血中酸素濃度などもGarminConnectアプリで管理できるようになった。

Garmin Connect™

Garmin Connect™

  • Garmin
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

apps.apple.com

もちろんデバイスが違うので精度の違いはあるが、同じアプリの同じ画面で一覧できるのがいい。アプリと立ち上げるたびにBluetoothで同期するのを待つ必要があるが、それほど時間はかからないのであまりストレスにはならない。

また、Garmin ConnectのWebサイトでもライフログのダッシュボードでデータを一覧できるのもいい。体重のグラフとか、ちゃんと見るようになると、うん、運動をね、しっかりとね、うん、しないとね…。という気分になる。

使い分ける必要がなくなった

そのためにAppleWatch手放したんでしょ?ってお思いだろうが、ジムに着いて「しまったー、Garmin持ってくるの忘れた…」ってのがなくなるだけでかなりストレスが減った。つまりそれなりの頻度でやらかしていたということだ。

「あ、そういえばスイム道具持ってきてるから、帰りにジムで泳いで帰ろう」なんて突発的に思っても自宅によって時計を付け替えることなくジムに直行できるのもいい。

充電の頻度が激減した!

AppleWatchは毎日「かならず」充電する必要があってそれがとてもストレスだったのだが、945であれば数日充電しなくてもなんの支障もない。数日経っても50%くらい残ってて、じゃあそろそろ充電しようか、と風呂に入っているあいだに電源ケーブルにつないでおけば、100%にならなくてもまた数日は使える。バッテリーの残量を常に気にしなくてよくなったので、とっても快適になった。

悪かったところ

そしてちゃんとよくなかった点についても書いておく。

デカいので寝る時にちょっと邪魔

私は945にクイックリリースキットを装着して使っている。

f:id:jwatanabe:20200731125929j:plain

なので、通常の945よりもだいぶガタイが大きくなる。

f:id:jwatanabe:20210521152823j:plain

945のケースに、クイックリリースキットのホルダー部分が加わるので、厚みも上下方向の大きさもけっこう増えるのだ。

別にエクササイズ時に使うぶんには気にならないのだが、仕事でワイシャツを着ていたりするときは袖口がちょっと窮屈になるし、寝ているときは正直言ってデカすぎて邪魔である。

ウォッチフェイスがちょっとダサめ

AppleWatchのいいところは、ウォッチフェイスのデザインが豊富で、とても洗練されているものが多かったところだ。ところが、945で使えるウォッチフェイスはConnectIQというGarminデバイス用にアプリなどをダウンロードできるサイトでいろいろと選べるのだが、

apps.garmin.com

あまりかっこいいものはないのだ…。もちろん液晶がそれほど高解像度ではないし、デザインするにも限界があるものとは思うけど、この液晶でもそれなりに格好いいものは作れるんじゃないかなー、と思ったり。

このへんもうちょっと力を入れてほしいぞGarminよ…。

Garmin Venu2がますます楽しみになってきた!

 で、私はいま来月日本でも発売になる Venu2 を心待ちにしているのだ。

triathlogue.jp

www.garmin.co.jp

なぜなら、先ほど挙げた「デカい」「ウォッチフェイスがダサい」という弱点を Venu2 なら克服できそうだからだ。(ウォッチフェイスの方はまだよくわからないけれど…)

そうなると普段遣いするのはVenu2で、自転車に乗るときとトライアスロンやアクアスロンのレースのときだけ945にする、というスタイルになる。イベントのときはチェックリストがあるのでうっかり忘れてしまう、ということはないだろう(と、信じている…w)。

もう一つ手放せる!

そして、実はお付き合いでゴルフもちょこちょこやるのでApproach S40なんてゴルフ用のGPSウォッチなんてのも持っていたのだが、これもVenu2でまったく同じことができちゃいそうなので手放そうかなーと思っている。

www.garmin.co.jp

というわけで、やっぱりAppleWatchは不要だったし、Venu2にしてしまえばもう無敵じゃん、というお話でした。はやく欲しいなあ、Venu2。

www.youtube.com