Triathlogue - トライアスローグ

札幌在住のへっぽこトライアスリートによる日々のトレーニングの記録とあれこれ

湘南国際マラソン2021が「マイボトルマラソン」に!?

短いです。

湘南国際マラソンが来年新しいことをやるらしい

湘南国際マラソンといえば毎年すぐに定員が埋まってしまう人気のマラソン大会のひとつだが、今年は残念ながらすでに中止が決まっていた。

なのだが、来年に向けた動きがあったようなので確認してみた。

www.shonan-kokusai.jp

ほぼ全文だけど引用してみると、

湘南国際マラソン実行委員会は、
2020年8月4日(火)13時より、
ザ・プリンスパークタワー東京ホテルにおいて、
大会開催日、エントリー、そして新たな取り組みについて記者発表会を行います。
当日の発表会の模様は、YouTubeでライブ中継されます。

第15回湘南国際マラソン

とある。

ほほう、なんか発表すると。

大会のWebサイトからリンクされているYouTubeのサイトを見てみると、もうちょっと詳しく書いてあった。

www.youtube.com

第1 5 回湘南国際マラソン記者発表会 「マイボトルで走りましょう」 子供たちのために、地域のために、地球環境のために 湘南国際マラソンはゴミを出さない大会をめざします。 給水所に使い捨てカップを置きません、 選手のみなさんはご自身でマイボトル、 マイカップを用意してスタートしてください。 2 0 2 1 年湘南国際は、われわれの将来を考えた 世界初のマイボトル・マラソンです。

「マイボトルで走りましょう」

世界初の「マイボトルマラソン」とのこと。

確かに、マラソン大会では給水所などで大量の紙コップが使われていたりする。あまり質のよくない紙コップが使われていたりすると(そして参加者のマナーの悪い大会*1だったりすると)、給水所周辺の道路が水でふやけた「かつて紙コップという道具だったパルプ」でとても汚れてたりする。

ラン終了後もペットボトルのドリンクを配布したりしていてこれも最近マイクロプラスチックが問題になっているペットボトルのゴミが大量に出る。なので、こうやってゴミの出ない大会を目指すのはとってもよさそうだ。SDGsとの絡みもきっとあるのかもしれない。

もう今までと同じような大会はしばらくできそうにないし、オンラインに移行したりするのもありだけど、みんなが同じように変わるのではなくて、それぞれの大会がいろんな方向性で変化していくのかもしれないと思うと、ちょっと楽しみになってきた。

まずは8月4日の記者発表をリアルタイムで見てみようと思う。

 

*1:個人的には北海道マラソンは毎年出てるけどどの大会よりひどい。